キャッシングの明細は紙よりWEBが良い理由

By | 2017年4月14日

即日キャッシングで借りた場合、明細などが伝えられる事になります。明細は、重要度はとても高いです。自分が返済する金額などが具体的に記載されているので、できれば保管をしておくのが望ましいでしょう。そして明細を保管する方々は、総じてWEBを利用しているケースが多いです。

明細を受け取る為の2種類の方法

明細書は、実はWEBだけではありません。紙媒体でも、その書類を送ってもらう事ができるのですね。もちろん紙の明細書の場合は、郵便ポストに投函される事になります。逆にWEBの場合は郵送される事はありませんが、メールなどで通知される訳です。また会員専用サイトがある金融会社の場合は、ログインをして明細が確認できる仕組みになります。

紙媒体の明細と発覚リスク

ところで紙媒体の明細を敬遠する方の多くは、発覚を懸念しています。というのも、人によっては家族に内緒で借りています。誰にも内緒で借りたいと思うならば、上記の紙媒体の明細がリスクになってしまう事があるのです。というのも郵送されてくる封筒が、家族に見られてしまう可能性があります。それがきっかけで借り入れの事実が発覚するのは心配な方々も見られる訳です。

封筒への社名は配慮してくれる

ちなみに郵送されるとは言っても、社名が封筒に記載されているケースは極めて稀です。アコムなどの社名が直接記載されている訳ではなく、たいていは別の社名で送られてくる訳です。ですので封筒の外観だけでは、中身が何かは分かりません。それでも家族に見られてしまう可能性もゼロでは無いので、少々リスクはあります。

WEBの場合は見られるリスクが無い

それに対してWEB媒体の場合は、特に問題は無いでしょう。そもそも家族の携帯を覗き見するする事もありませんし、パソコン画面を見る事もありません。まして会員専用サイトとなるとログインが必要なので、たとえ家族でも見れないケースがほとんどです。それだけ発覚リスクが低くなるので、WEBの方が紙媒体よりは安全度は高めと言えます。もちろんネットといえど、誰かに見られる可能性もゼロではありません。不慮の事故などは起こり得ますが、それでも紙の明細書よりは安全でしょう。

総じてネットの方がベター

このような点を総合的に考えれば、やはりインターネットでキャッシングの明細を確認する方が無難と言えるでしょう。多数の紙の明細書が溜まってしまう事もありませんし、WEBによる明細が推奨されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です