機械審査なので融資までが非常にスピーディー

By | 2016年6月14日

ここ最近のキャッシングは、以前と比べるとスピードアップしています。なぜなら実際に融資が実行されるのが非常に早いからです。少なくとも10数年ほど前と比べれば、融資速度は確実に早くなってきています。

即日という言葉の意味

その影響からか、最近の金融会社は即日という表現をよく用いています。即日とは、その日の内という意味です。例えば申し込みのデータ送付をした日付が、6月12日だったとします。その場合は、6月12日中に融資が完了するのです。13日や14日などではありません。ですので「当日中」と言い換える事もできます。

総じて賃金業者の方が早い

そしてスピードが早いのは、たいてい賃金業者です。キャッシングを取り扱う会社は、大きく分ければ2つあります。銀行もしくは賃金業者のどちらかですが、前者の場合は数日ほどを要する事もあるのです。ところが後者のタイプの会社は、基本的には即日になる訳です。ですので早さを求める方々の場合は、後者がベターと言えるでしょう。ただし最近では即日タイプを扱う銀行も増加しているので、だんだん両者の差は縮まりつつあります。

実際には多少の差もある

ただ即日といっても、実際には微妙な差が見られるのも事実です。当日中という表現はやや曖昧で、数時間後という事例もあるからです。午前中に申し込みをした場合、15時あたりに融資が完了する会社も見られます。そうかと思えば30分前後で融資が完了する会社もあり、それぞれ早さが微妙に異なる訳です。

機械審査があるので早い

なぜこれだけの早さが実現できるかというと、最近は機械によって審査が自動化されたからです。以前は金融会社の審査は、ほとんど全てが手作業でした。それで様々なデータを処理するのに多くの時間を要していたのです。ところが最近ではパソコンなどでのシステムが発達して、自動処理ができるようになりました。ですので1段階目の審査結果などは、ものの数秒で伝えられます。2段階目の審査は、今なお手作業で行われている状況です。

口座を作っておくと早い

ただ完全新規で申し込みをするとなると、それでも時間がかかってしまうのは事実です。上記のように15時などに融資が完了するとなると、少々時間がかかりすぎとの意見もあるでしょう。ですので、できるだけ早めに金融会社の口座を作っておくのも一法です。いずれキャッシングする事を想定してモビットなどで口座を作っておくと、いざという時に非常にスピーディーにお金を借りるからです。

急ぎの時には助かる

いずれにしても最近のキャッシングはとても早いので、いざという時には助かります。冠婚葬祭などではスピーディーな資金調達も求められますが、そのような時に即日でお金を借りれると、非常に助かるものです。この融資商品は、人々にとっては頼もしい存在とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です